FC2ブログ

夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

レッドクリフ オリジナル・サウンドトラック コンプリート・アルバム(仮)レッドクリフ オリジナル・サウンドトラック コンプリート・アルバム(仮)
(2009/04/08)
サントラalan

商品詳細を見る

ジャンル : 歴史劇/アクション
製作年 : 2009年
初公開年月 : 2009/04/10
製作国 : アメリカ=中国=日本=台湾=韓国
配給 : 東宝東和、エイベックス・エンタテインメント
上映時間 : 144分
監督 : ジョン・ウー
出演 : トニー・レオン 、 金城武 、 チャン・フォンイー 、 チャン・チェン 、 ヴィッキー・チャオ 、 フー・ジュン 、 中村獅童 、 リン・チーリン

大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。そんな中、孫権軍司令官・周瑜と孔明はお互いの首をかけての謀略を展開、周瑜は曹操軍2武将の謀殺、孔明は3日で10万本の矢の収集に成功する。やがて曹操軍に潜伏していた孫尚香が帰還、決戦へ向けて本格的な準備が始まり……。
レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- - goo 映画

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

楽しみにしてた続編、大満足でした。
とにかくかっこ良い!戦いのシーンは髭面のおっちゃんでもメチャかっこ良い~
自然を味方につけた戦術、それぞれの知恵や味方まで欺く作戦、ワクワクしちゃいます。

登場人物が多いけど映画館で見ると見分けれる…でも、テレビだと飛んじゃうのは何故でしょう(?_?)
いろんな視点で描けば何パターンも作れそうな原作だけど、周瑜と孔明の友情を軸に描いてる今作は好きです。
最初は気弱だった?孫権も指導者として逞しくなってたし妹の尚香の純愛なんて良い感じだった~夢眠は意外と?関羽が好きだったりするのだけど^_^;
孔明はやっぱりイメージより若いし男前過ぎ~って思うんだけどかっこ良いのよね^_^;
愛した女が入れたいっぱいのお茶で作戦が崩れる…ドラマチックですよね~
悲惨な戦いの後の一言やラストシーンの風景がとっても美しく印象に残ります。

そして今、気が付いたけど上映時間が長い…長さを全く感じなかったです。
この作品は映画館で是非、見て欲しい作品です。

Comment

こんにちは! 

もう観てきたんですね。
関羽のファンですか~
私には、一番動物的な人に見えるんですが・・・(^_^;

この前、テレビでかなり二作目のいいところを放映しちゃってましたね。
私も劇場に行く予定なので、あれは見せ過ぎだとガッカリでしたよ~
  • posted by YAN 
  • URL 
  • 2009.04/15 14:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: こんにちは! 

YANさまへ

テレビ放映は途中で寝ちゃったの~
吹き替えの違和感もあったからかな?

> 関羽のファンですか~
> 私には、一番動物的な人に見えるんですが・・・(^_^;
その動物的なところが好きなのかしら(笑)

もう一度見ても…と思うくらいなので映画館で充分に楽しめると思います。
またブログのレビューを楽しみにしてますね。
  • posted by 夢眠 
  • URL 
  • 2009.04/15 23:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

本当に上映時間が気にならない程に
私ものめり込んで見てしまいました(笑

金城武の孔明はかっこ良すぎですよね^^
私は、トニーレオンくらいのハンサムさんの方が
好きかな~(爆

関羽も、素敵でしたね!

それにしても、あの10万本の矢の獲得方法
には、ド肝を抜かれました^^
知識はやはりあった方が、良いですね(笑

  • posted by ぴーち 
  • URL 
  • 2009.04/19 06:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

きょう、ようやく観てきました。
前に劇場の天井の排煙孔の扉が開いて上映中断したとき、
お詫びにもらった招待券を有効に使わせてもらいました。
レッドクリフⅡ、いいですね! 私も大満足しました。
本当に見ごたえのある映画だと思いました。
スペクタルだけでなくストーリー性もしっかりしてますよね。
周瑜の妻役の女優は、なんだか大原麗子に似てると思いました。
  • posted by 浮世蜻蛉 
  • URL 
  • 2009.04/19 20:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: No title 

ぴーちさまへ

最高の娯楽作品だと思います。
トニーレオンって一人より回りに人がいてる方がかっこよく見えちゃうのよね(?_?)

畑仕事からでも戦術をイメージできるのだから
幅広い知識ってなんにでも役にたつのね。
  • posted by 夢眠 
  • URL 
  • 2009.04/20 22:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: No title 

浮世蜻蛉 さまへ

ラッキーだったのアンラッキーだったのか?
それでも招待券は嬉しいです。

アジアの人々、日本人に似てます。
誰かに似てる~って思いつつ思い出せない感じ(笑)
  • posted by 夢眠 
  • URL 
  • 2009.04/20 22:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

観てきました 

本作では関羽の出番が少なくて、
物足りなくなかったですか。
ただ、登場したら何があっても死ななくて、
すごく頑張ってましたが(^▽^;)

最後の周瑜のセリフが良かったですね~
あれは、基の三国志にはないセリフでしょうね。
  • posted by YAN 
  • URL 
  • 2009.04/23 17:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 観てきました 

YANさまへ

大きなスクリーンで堪能する娯楽作品ですよね。
一作目のほうが戦いのシーンに感動したけど
2作目も良かったです。友情を軸に描かれてたのが好感でした。
最後の台詞、本当に素晴らしかった。

  • posted by 夢眠 
  • URL 
  • 2009.04/25 21:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんにちわ♪ 

はじめまして、猫人(ねこんちゅ)と申しますー。

“ジョン・ウー版三国志”、ホント面白かったですね~♪
史実とちょっと違う展開でしたが、
ド派手なアクションと物語は圧巻の一言でした。

TB貼らせてもらいますね~(^^ゞ
  • posted by 猫人 
  • URL 
  • 2009.04/26 15:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: こんにちわ♪ 

猫人さまへ

はじめまして。
コメントとTBありがとうございます。

戦闘シーンに迫力があり映像も素晴らしく
これは映画館で見るべきですよね。
  • posted by 夢眠 
  • URL 
  • 2009.04/29 22:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

映画館で観るべき作品・・・ホントですね~☆
残念ながら自宅のtv鑑賞でしたが、「こりゃあ映画館で観たら迫力あったろうなぁ!!」と☆
こういうのオムニマックスとかのスクリーンでみたら、迫力ありすぎて熱い気がするかも・・・(←炎で。)

>孔明、男前過ぎ
うん、そうですよね・・・。 私はマンガのせいか、もっと小賢しいイメージが^^;

  • posted by わさぴょん 
  • URL 
  • 2009.09/01 19:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

わさぴょんさまへ

重力を無視してるような戦いに現実味は無いけど迫力はある(笑)
エキストラの兵士はボッ~ってしてたけど^^;
でも、映画館向きな作品ですね。



  • posted by 夢眠 
  • URL 
  • 2009.09/03 23:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-

最近試写会によく当選しまして、本日も厚生年金会館へ行ってきました。18:30開演なのに仕事終わりが18時。全速力で走った走った!汗だくになりましたが、それだけの価値ある作品でした。監督は当然ジョン・ウー。周瑜=トニー・レオン、諸葛亮孔明=金城武、小喬=...

映画「レッドクリフ Part? -未来への最終決戦-」

原題:Red Cliff/赤壁 決戦天下 いよいよ、三国志演義のなかでも最大の決戦は「赤壁の戦い」、50万の大軍で南下した曹操軍の兵力は80万に増え赤壁に到達、対峙するは5万の連合軍・・・ 日本において天下分け目の決戦といわれる「関ヶ原の戦い」は東軍7万5,000

レッドクリフ Part2

『レッドクリフ Part2』 ―未来への最終決戦― 【出演】 トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー チャン・チェン、ヴィッキー・チ...

ご案内

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター